PCBが含まれているか否かの調査を承ります。

弊社ではPCBの分析調査を行っております。

トランスやコンデンサ等の廃電気機器には有害性物質であるPCB(ポリ塩化ビフェニル)を含む絶縁油が封入さてれいるおそれがります。
PCBが含まれている場合、知らずに鉄くずや廃油として売買・処分しても違法となり、処罰の対象となる場合があります。PCBが含まれている廃電気機器・廃油は普通の産業廃棄物とは異なり、厳重に管理・処分しなければならない「特別管理産業廃棄物」となります。

PCB使用の代表的な電気機器 「高濃度PCB廃棄物」

■高圧トランス

トランス内はPCBとトリクロロベンゼンの混合液(重量比3:2)で満たれています。例えば、50kVAの場合で約115kgのPCBが入っています

■高圧コンデンサ

コンデンサ内はPCBで満たされています。例えば、100kVAの場合でも35kgのPCBが入っています。

■安定器

コンデンサを内蔵する業務用・施設用蛍光灯器具の安定器には、高濃度PCBが含浸されているものがあります。

トランス、コンデンサを廃棄・リサイクルする前にPCBが含まれているか否かの確認を!!

・全ての安定器類においてPCB使用有無の判別を正確に行います。

・安定器から分離された安定器用コンデンサも判別できます。

・移動・搬出の適切なコンサルティングを行います。

・機器、種類、場所に応じて適切な処理で対応いたします。

PCB調査の流れ

よくあるご質問

会社案内

一般社団法人日本環境事業支援機構
〒990-2451
山形県山形市吉原三丁目1216
TEL:023-674-7317
FAX:023-674-7320
MAIL:h.s@ima-s.jp

Copyright (C) 日本環境事業支援機構 All Rights Reserved.