PCB廃棄物の処理をサポートします!!

①安定器を1台ずつ全て調査し、しっかりPCB含有・不含有の仕分けを行います!

(PCB含有廃棄物の総数が明確になります)

②安定器を1台ずつ重量測定し、正確な総重量の確認を行います!

(総重量が明確になるため、処分金額がしっかり把握できます)

③外付け型コンデンサを確認し、コンデンサを適正に取外しいたします!

(コンデンサを取り外すことで、処分金額の大幅な削減に繋がります)

④PCB廃棄物の適正な保管を行います!

(漏洩しているものがあれば、的確に密閉し、指定容器に保管します)

⑤低濃度PCBを処分の際は、お安く処分・収集・運搬できるトレーダーをご案内いたします!

(処分時期など保有者様のご要望を満たすトレーダーをご案内します)

⑥各種届出書や契約まで、的確にアドバイスいたします!

(諸手続きをしっかりコーディネートすることで、事務量が大幅に軽減されます)

PCB使用の代表的な電気機器 「高濃度PCB廃棄物」

■高圧トランス

トランス内はPCBとトリクロロベンゼンの混合液(重量比3:2)で満たれています。例えば、50kVAの場合で約115kgのPCBが入っています

■高圧コンデンサ

コンデンサ内はPCBで満たされています。例えば、100kVAの場合でも35kgのPCBが入っています。

■安定器

コンデンサを内蔵する業務用・施設用蛍光灯器具の安定器には、高濃度PCBが含浸されているものがあります。

PCB廃棄物は定められた期限までに処分しなければなりません!

*高濃度PCB廃棄物は、処分期限が過ぎると、事実上処分することができなくなります。

【北海道・東京事業エリア】

       安定器及び汚染物等 2023年3月31日 まで

       変圧器・コンデンサ 2022年3月31日 まで

【北九州・大阪・豊田エリア】

       安定器及び汚染物等 2021年3月31日 まで

       豊田エリア 変圧器・コンデンサ 2022年3月31日 まで

       大阪エリア 変圧器・コンデンサ 2021年3月31日 まで

       北九州エリア 変圧器・コンデンサ 処分期間終了

*低濃度PCB廃棄物の処分期間はエリアに関わらず 2027年3月31日 までになります。

弊社業務内容

H30日本環境事業支援機構総会資料2018.12.02

MAP

会社案内

一般社団法人日本環境事業支援機構
〒990-2451
山形県山形市吉原三丁目1216
TEL:023-674-7317
FAX:023-674-7320
MAIL:h.s@ima-s.jp

Copyright (C) 日本環境事業支援機構 All Rights Reserved.